リリ子通信(仮)

Vol.5「HA[ZA]RD ATTACK 3を聴こう」

掲載
リリ子

Lilium Recordsの看板娘。淡泊な性格。iPhoneをジップロックに入れてお風呂へ持っていく。

名無し姫カット

リリ子通信(仮)のアシスタント。口が悪い。好きな寿司はチャーシューネギまみれ。

こんにちは、リリ子です。Lilium Recordsの最新情報などをお届けするリリ子通信(仮) Vol.5です。今回は新譜情報発表後の臨時号となります。

ようやくまともに最新情報をお届けできますね!5回目にして初の快挙ですよ!

今回は2枚同時リリース。どちらもチェックしていただけましたか?

HA[ZA]RD ATTACK 3 │ Lilium Records
https://lilium-rec.com/ha3/
Virtual Odyssey: Emotion │ Lilium Records
https://lilium-rec.com/voe/

臨時号では新譜の内容や聴き所を2回に分けて紹介したいと思います。今回は”ハード”をテーマとしたコンピレーション第3弾『HA[ZA]RD ATTACK 3』にフォーカスしていきます。

トラックメーカーの皆さんからのコメントもいくつかありますよ!ぜひ視聴動画を再生しながら見てくださいね!


さて、1曲目はJAKAZiDさんの”Technique Checker”から始まります。HA[ZA]RD ATTACKシリーズは、毎回ぶっ飛んだトラックから始まりますよね。

はぁ~、カッコよすぎですわ~。

シリーズ前作収録の”Amnesia”、前々作収録の”(Don’t Stop!) Keep Goin’”を意識した楽曲とのことです。声ネタのカットアップやテクニカルなウワモノを使った盛り上げ方がさすがの一言ですね。

まさにJAKAZiD節!って感じですよ。


2曲目はGettyさんの”Union”です。Gettyさんらしいハードなベースサウンドがドロップで襲い掛かってきます。

声ネタのチョイスも個性が出てますよね。すごくキマっててカッコいい!

こんにちはGettyです!
今回はHA[ZA]RD ATTACK 3に「Union」という楽曲で参加いたしました。
僕は楽曲を制作する際「自分がDJで使いやすいような曲」をいつも一番に意識しています。
最近はUK HardcoreのDJでもTrapやDubstepなどの様々なジャンルをアクセントとして織り交ぜて展開することが多くなってきている中、当楽曲はUKHCから他ジャンル、もしくはその逆へスムーズに移行できるような音を意識し制作してみました。
僕もDJでガンガン使っていくつもりなので、是非ともパーティーへ遊びに来てね!

Getty

遊びに行きましょう。

ドロップの前に一回静かになるのがアツいです。ドゥン!


3曲目はKawaimachineさんの”Kick The Horse”です。疾走感が気持ち良いドラムンベースのトラックです。

ベースのブリブリした感じがたまらないです。なんだかガンマンとか出てきそうな雰囲気ですね。ピロピロポ~

それについてコメントを頂いてます。

HA[ZA]RD ATTACKシリーズはハードコアの様に速くてパワフルなイメージがあったので、馬に乗って駆け巡る西部劇みたいな感じのドラムンベースを作りました!
リリ子さん今度ファンアート描かせてください

Kawaimachine

え!?!?私は!?!?ズルい!!

日頃の行いですね。


4曲目はDJ DiAさんで”Cycle Cyclus”です。ベースハウスです。

DJ DiAさんからコメントいただいてま~っす!

メリークリスマス。DJ DiAです。
この度HA[ZA]RD ATTACK 3へ「Cycle Cyclus」という曲を提供しました。
2年前に行われた初代HA[ZA]RD ATTACKの楽曲公募では落選していまして、いつかリベンジする機会があるといいなと思っていたらまさかのゲストで呼んで頂けて大声出しました。
曲の方はベースがグルグルしたBass Houseとなっています。師走の慌ただしさを感じて貰えれば幸いです。
それでは皆さん良いお年を。

DJ DiA

すごく季節感のあるコメントありがとうございます。バウンシーで気持ち良いグルーヴですね。ベースのリズムを崩してくるところもカッコいいです。

リズムに合わせてピョンピョンしたくなる曲です!ところで本当に大声出したんでしょうか?

たぶん盛ってますね。

許せん!


5曲目はFreezerさんの”Jet Squelcher”です。ダブステップですけどテンポが速いですね。

コメントいただいてます!

こんにちは。名称とか詳しいことは知りませんがDubstepの速いヤツを作りました。2018年は絶対にDubstepの流れが来るのでチェックしてくださいね。

Freezer

Dubstepが来るって毎年言ってますね。

雨乞いは、雨が降るまで続けるので成功率100%という話があります。


6曲目はtaqumiさん、H.U.T GiGARさん、KV.Sさんの3名による合作”MUtALiSt tRiNitY”です。

3人で合作ってどうやってるんでしょう。曲も面白い構成になってますね!

taqumiさんからコメントをいただいてますのでどうぞ。

ベースミュージック系ではよく合作してる@H.U.T GiGAR(a.k.a @Glitch Lortnoc)に、いつも通り「今回も手伝ってくれ~って」頼んで、「ま~たこいつは人に頼ってばっかり」って言いながら受けてくれて、丁度その時居合わせてた@KV.Sさんにもお願いしたら普段からくっそ忙しいのにも関わらず受けてくれて、初めての三人合作が出来ました。
KV.Sさんに、とりあえず速い曲にする予定だけど何も気にせずケルトっぽかったりオーケストラルなやつ16小節分ぐらいでってお願いしたら、明け方にはなんか完成してました。鉄人かな?
その後H.U.T GiGARが久々にブレイクコア作っちゃお言うて意気揚々と制作に打ち込んだ彼は後日精根尽き果てて帰ってきました。
H.U.T GiGARが作ったところまでを受け取った私は、ブレイクコアのドラムをそのまま使いまわしてドラムステップしたり、6/8拍子にしたりした後、最後のブレイクで何故かしっとりしたピアノフレーズを入れちゃって収集つかなくなったので、H.U.T GiGARにまた投げ返したらめっちゃDopeなTrapフレーズ追加してくれました。
そんな三人が好き勝手作りまくった曲です。

taqumi

なんかめちゃくちゃ自由ですね!

それでいて曲としてまとまっているのがすごいです。

試聴部分以外も早く聴いてもらいたいです!


7曲目はすてらべえさんで”Death Addict”です。今回も凄まじいトラックです。

ブレイクビーツが擬人化されたのがすてらべえさんだと思ってます。

そんなすてらべえさんからコメントをいただいてます。

すてらべえです。ハードなサウンドに特化したコンピということもあって、曲の方もハードで危ない感じ(?)にしてます~。
こういうブレイクコアは音作りやミックスも面倒ですが、作っていて楽しいです。暴れながら作ってるので、聴いてくださる皆さんも是非暴れながら聴いてください。
タイトルのDeath Addictはとあるフォーラムからとっています。
それではよろしくお願いします~。

すてらべえ

暴れながら作ってるのヤバいですね。ブレイクコアっぽいです。

私たちも暴れながら聴きましょう。


8曲目はSrezcatさんの”Parasite”です。ドープでハードですごいトラックですよ。

こちらも試聴部分以外のパートもぜひ聴いてもらいたいです。トリップしそう~。

クラブで聴くと重低音が気持ちよさそうです。前半後半のギャップがまた良いですね。

まさにHA[ZA]RD ATTACK!!


9曲目はhurceさんの”Deflection”です。ハードでありながら美しさも感じられます。

オシャレですよね。流れるようなビートとサウンドが気持ち良い~!

これもまた試聴にはない部分も最高なんですよ。

ゲットするっきゃない!


10曲目はAireさんとZekkさんの合作”Phosphophyllite”です。儚げな出だしからニューロベースが絡んでくる展開は鳥肌ものです。

後半はハードダンスやハードコア的な要素も入ってきて、最早聴きどころしかないですね。

聴き終わった後の充実感がものすごいです。フォスフォフィライト。

何度でも聴きたくなる曲ですよホント!


そしてトリの11曲目はNizikawaさんの”The Devil of The (Bass) Line”です。ドロップがえげつないです。

ウワ~~!!ってなりました。コメントもいただいてます!

Nizikawaです👿
「The Devil of The (Bass) Line」、ズドドドしてます。
デビルなのでもっとダークな雰囲気にする予定だったんですが、明るめのアホっぽいメロを書いてしまいました。行き当たりばったりですね。いつものことなんですけど!
インプとかゴブリンとかそんな感じの雰囲気で大目に見てやってください。まあタイトルが「ラインの悪魔」なので、ちょっとくらい喜劇っぽい方が合ってるのかもしれません。
Nizikawaでした😈

Nizikawa

ラインの悪魔ってどういう感じなんでしょう?

既読無視ばっかとか?😈

一方通行ですね。


そして最後に、アートワークとデザインを手掛けたレクさんからもコメントをいただいてます。

今までのHA[ZA]RD ATTACKを踏襲しつつ、ひと味違ったアプローチで超カッコよかったですっ!

LiliumRecordsのデザイン周りを担当させて頂いている、レクと申します。
今回のHA[ZA]RD ATTACK 3についてもデザインやグラフィックを担当しております!

このHA[ZA]RD ATTACKシリーズも3作品目ということで、1,2と比べて少し違うデザインで組んでみました。
今までは火力!!! みたいなグラフィックでしたが、今回はちょっとした怪しさも兼ね備えつつ、別方向からの攻撃性のあるグラフィックを制作しました!
普段、赤や黄色などのハードコアに馴染みのある色を使っておりましたが、今回は紫・マゼンタ系の色で組んでいて、一味も二味も違うHA[ZA]RD ATTACKになっております。
ぜひぜひ、音楽もデザインも格段に進化したHA[ZA]RD ATTACK 3をお楽しみ頂けたらと思います。

アッ、名無し姫カットさんはCDデビューしないんですか!!?

レク

させてくださいよ!!!!!!

ジャケットはもちろん、盤面や帯、見開きなど全てにおいてHA[ZA]RD ATTACKを演出していただいています。ぜひ手に取って見ていただきたいです。


『HA[ZA]RD ATTACK 3』の魅力は伝わったでしょうか。百聞は一見に如かずと言いますので、ぜひお手に取って頂ければ幸いです。

C93は”1日目東Z-15b”でお待ちしてますね。

各種ショップでもお取り扱い予定なので、詳しくは特設サイトをチェックです。

次号は『Virtual Odyssey: Emotion』を紹介しますよ!

それではごきげんよう。

まったね~!